読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるやまさん、出ておいで!

収入0プチひきこもりHSP!3段重ねアラサーオタク女子が楽しく生きるには??

初めてHSPお茶会に参加するの巻

f:id:maruyamasan:20160417160020j:plain

春になりました

2016年春アニメが順次スタートして録画が溜まっていくまるやまです。

セーラームーン3期、世代ドンピシャなので軽率にホイホイされてます。ウラヌスとネプチューンは今も憧れのお姉さん像です。

だいぶ間が開いてしまいました。前回の記事からブログの書き方や内容について、また自分の状態について気づいたことや思い直したことがあり、ちょいちょい修正しています。

 

 

HSPお茶会があると聞いて

先週末、ブログ『HSP&内向型のためのココロサポーター はんだよしみ』のはんださんが主催される、HSPの人たちが集まるお茶会に参加させていただきました。

HSP(Highly Sensitive Person)については以下の記事をご覧ください。

maruyamasan.hateblo.jp

 

はんださんのブログは今年初めごろから読ませていただいており、お茶会は月1ほどで開催されていたのでいつか参加したいな…と思っていました。
カフェのモーニングなど気軽に行けそうな場所が多かったので、今月はどこかな?と記事を読むと「ホテルでのアフタヌーンティー」との記載が。
「これは行かねば!」と即参加申込をお送りした次第です。

 

おうち大好きなまるやまと言えどもたまにはキャッキャウフフ女子会したい。

 

こういうお茶会って初対面の人が複数集まってお話する…といういわゆるオフ会的な要素が強いと思うのですが、オタク関係でオフ会やらイベントやらの参加経験が非常に多いものですから…あまり抵抗なくHSPにしては珍しいなと思われたかもですな。笑

 

当日レポ

f:id:maruyamasan:20160417160017j:plain

 

参加は女性のみの満員御礼!

高級感溢れるホテルに緊張しつつ足を踏み入れたものの、ひとつずつ選べるように持ってきていただいたたくさんのケーキ、テーブルにところ狭しと並べられたカップや三段トレイ、お茶を1杯ずつ注いでくださるホテルのキレイなお姉さんにおもてなしされ、たちまち気分があがります。

 

f:id:maruyamasan:20160417160018j:plain

 

f:id:maruyamasan:20160417160019j:plain

 

5人に1人はHSP気質持ちと言われているものの、「この人はHSP」と意識して対面したことがなかったので、複数集まるとどういう雰囲気なのか・どんなお話になるのかがとても楽しみでした。

 

自己紹介などを経て、HSPを知った経緯、HSPあるあるなどで徐々に気持ちもほぐれ、おいしいサンドイッチにスコーンなどをつまむといつの間にやら満腹。
ドリンクも種類が豊富で変更も自由、コーヒー紅茶以外にハーブティー中国茶も選べたのがカフェインに敏感なまるやまには嬉しかったのでした。つい3〜4杯飲んでしまった。

 

個人的には、三段トレイが運ばれて来たときに一斉にそれぞれのカップやグラスを寄せて置ける空間をつくった瞬間(非HSPだと気づかないことも多いでしょうな)・仕事などのお昼休みについてどう思うかが「HSPならでは」感があったなと思いました。

 

それと、会話のテンポがすごく自分のペースに合っていたのでお話していてかなり気分が楽でした。
友人とランチに行ったりするとおしゃべり(互いのレスポンスや話題の切り替えが特に)が速すぎてついていけず、相づちとその合間の食事で呼吸困難(笑)になることもままあるので、1〜2時間聴いているだけでぐったりしてしまうのです。

けれどお茶会では急かされるいつもの感じがなくて、ゆっくり食べられたしゆっくり質問のお返事も頭で考えられたし。
なんだか、久しぶりに「外でお茶しながらおしゃべりできて楽しかった」感覚を味わえました。

 


5月はアップルパイの美味しいカフェで開催されるとのことです。
まるやまも是非また伺いたいと思っております(*^^*)

ameblo.jp

 

「自分と同じ気質の人がいる」と分かっている空間って、初対面でも最初から安心して向かえるのでとても貴重な場だと思います。
HSPであること」は、今はカテゴリとして重要なキーワードなんだなと改めて感じました。

お話してくださったみなさん、主催のはんださん、素敵な時間をありがとうございました。

 

まる。

 

広告を非表示にする